【初心者向け】フットサルボールの選び方|値段重視?デザイン重視?

ボール 選び方 ボール

皆さんこんにちは!初心者向けフットサルブロガーのポポです。
フットサル初心者や未経験者の方に役立つ情報を発信しています。

今回は「フットサルボールの選び方」について分かりやすく解説します。

  • 「フットサルを始めたんだけど、一応マイボールも買いたいと思ってる!」
  • 「デザイン重視でいいのかな?できれば安いのがいい!」
  • 「結局どんなフットサルボールを選べばいいの?」

上記のような方はぜひ参考にしてください。

フットサルボールの選び方

フットサルコート フットサルボール

結論から言うと、サイズさえ間違わなければどんなフットサルボールでも問題ありません。

近くのスポーツショップに売っている安めのフットサルボールで十分です。

しかし、「どうせ買うなら納得できるフットサルボールが欲しい」「コスパの良い買い物がしたい」「ある程度は選びたい」という方も多いでしょう。

そのような場合は、以下の5つのポイントでフットサルボールを選びましょう。

  • サイズ
  • 値段
  • デザイン
  • 耐久性
  • 検定マーク

もちろん全てのポイントを満たすフットサルボールは存在しません。物件探しなどと同様に、絶対譲れない条件は何か、どのポイントならどの程度まで妥協できるのか、ゆっくり考えてみてください。

5つのポイントについてそれぞれ解説していくよ!

【年齢でサイズを判断】3号球か4号球か

上述の通り、サイズさえ間違わなければどんなフットサルボールを選んでもOKです。

逆に言うと、サイズを間違った場合はゲームオーバーです。返品するかメルカリに出品するか部屋に飾るかして、新たに正しいサイズのボールを購入しなければなりません。

フットサルボールには、以下の2種類のサイズが存在します。

  • 3号球
  • 4号球

3号球は12歳以下の子ども向け。4号球は13歳以上向けです。

つまり、小学生以下なら3号球、中学生以上なら4号球です。覚えておきましょう。

※3号球と4号球の具体的なサイズ感を知りたい方はコチラをどうぞ↓

【値段重視】安いか高いか

フットサルボールには様々な種類があり、値段もピンキリです。500円のセール品もあれば、10,000円を超えるプレミア品もあります。相場としては1,000円~5,000円くらいだと考えてください。

やはり有名なブランドの高価格なボールほど、対応空気圧や耐久性能に優れています。そのため、ボールの質にこだわりたい場合は、それなりの支出を覚悟しましょう。具体的には4,000円前後をイメージしておいてください。

一方で、「メーカーはどこでもいい」「ボールの質もそこまで気にしない」という方は、安いボールを選びましょう。

基本的に、安ければ安いほどボールの耐久性も落ちます。しかし、たとえ1,000円のボールでも、初心者の方がフットサルの練習を行うには十分だと思います。

安さ重視の場合は、1,000円~2,000円のボールを探してみてください。

変な使い方をしない限り、1,000円のフットサルボールでも数年は使えるよ!

【デザイン重視】気に入ったかどうか

  • 「かっこいいフットサルボールがいい!」
  • 「おしゃれなデザインがいい!」
  • 「可愛いボールが欲しい!」

上記のような場合、単純にそのフットサルボールが気に入ったかどうかで選びましょう。

価格や耐久性も大事ですが、自分の好みも大切です。お気に入りのデザインのボールであれば、テンションやモチベーションも上がり、より楽しくプレーできるはずです。

反対に、「デザインはどうでもいい」「どうでもよくはないけどそこまで気にしない」という方は、価格や性能で選ぶとよいでしょう。

様々な色やデザインのボールが存在するよ!お気に入りのボールが見つかるといいね!

【耐久性重視】手縫いか機械縫いか

フットサルボールには、「手縫い」と「機械縫い」の2種類の仕上げ方法があります。

「手縫い」の特徴は以下の通り。

  • 強度が高く、変形しにくい
  • 耐久性やクッション性も高い
  • 公式球でも採用されている
  • 値段は高め

ボールの表面を手作業で縫い合わせるので、手間がかかる分、品質も高くなります。

一方で、「機械縫い」の特徴は以下の通り。

  • 手縫いと比べれば全体的に性能は落ちる
  • 耐久性も比較的低い
  • 値段は安め

大量生産が可能な機械縫いでは、品質は低くなってしまいますが、リーズナブルに購入できるという大きなメリットがあります。

品質重視の方は「手縫い」、価格重視の方は「機械縫い」を選びましょう。

【検定球・公式球】検定マークが付いているかどうか

フットサルボールには「公式球」が存在します。具体的には、「JFA検定球」と「FIFA認定球」の2種類に大別できます。

JFA検定球:JFA(日本サッカー協会)が品質を保証したボール

FIFA認定球:FIFA(国際サッカー連盟)が認定したボール
※国際試合での使用が許可された「FIFA APPROVED」と、一般的な試合や練習レベルでの品質を保証した「FIFA INSPECTED」の2種類がある

公式球かどうかは、検定マークの有無で見分けることが可能です。検定マークが付いているボールは品質が高く、その分値段も高くなります。

ある程度ボールの品質を重視したい方は、検定マークが付いているボールを選びましょう。

フットサルボールを選ぶうえでの注意点

フットサルボール センタースポット

フットサルボールを選ぶうえで絶対に注意してほしいことが2点あります。

  • サイズを間違わない
  • サッカーボールを選ばない

サイズについては上述の通りです。小学生以下なら3号球、中学生以上なら4号球を選んでください。

また、サッカーボールを買わないように注意しましょう。サッカーボールとフットサルボールは、大きさも重さも弾み方も異なります。

特に違うのは弾み方でしょう。サッカーボールの場合ポンポンとバウンドしますが、フットサルボールの場合は全然バウンドしません。わざと弾みにくい仕様になっているのです。

サッカーボールの3号球とフットサルボールの3号球は別物だよ!もちろん、サッカーボールの4号球とフットサルボールの4号球も別物だよ!

初心者はどのようなフットサルボールを選ぶべき?

黄色のフットサルボール

こだわりがある場合は、自分のこだわりで選んでOKです。

耐久性が違っても、デザインが違っても、同じフットサルボールです。

  • 「特にこだわりがない場合は、どのようなフットサルボールを選ぶべき?」
  • 「初心者におすすめの選び方は?」

上記のような方は、なるべく安いフットサルボールでOKです。

確かに値段が高いボールの方が耐久性能も高く、長く使えるかもしれません。しかし、安いフットサルボールでも数年は問題なく使えます。

また、フットサル上級者であればボールの質にこだわるべきかもしれませんが、初心者の場合その必要はありません。

とりあえず安いボールを買っておいて、いつか新しいボールが欲しくなった時に、また違う選び方をすればいいと思います。

好みのボールが見つかるといいね!

まとめ ~マイボールを手に入れよう~

フットサルボールの選び方について簡単に解説しました。

フットサルボール選びのポイントは以下の5つです。

  • サイズ
  • 値段
  • デザイン
  • 耐久性
  • 検定マーク

ぜひこのページを参考にしながら、お気に入りのマイボールを手に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました