フットサルの勝敗の決まり方は?初心者向けに分かりやすく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
勝ち 負け

こんにちは!初心者向けフットサルブロガーのポポです。フットサル初心者・未経験者の方に役立つ情報を発信しています。

今回は「フットサルの勝敗の決まり方」について簡単に解説していきます。当たり前の内容すぎて退屈かもしれませんが、念のため確認してみてください。

  • 「フットサルの勝敗ってどうやって決まるの?」
  • 「得点数の多い方が勝ちだよね?」
  • 「引き分けの場合は?」

上記のような方々の参考になれば幸いです。

※こちらの記事もどうぞ!

目次

試合終了時点で得点数の多い方が勝ち

結論から言うと、フットサルの基本的な勝敗の決まり方は、以下の通りです。

  • 試合終了時点で得点数の多い方のチーム →→→ 勝ち
  • 試合終了時点で得点数の少ない方のチーム →→→ 負け
ポポ

ほとんどのスポーツと一緒だね!

公式戦の場合は、前半20分+後半20分が終了した時点で、得点数の多い方のチームが勝利となります。

私たちが参加するようなローカル大会の場合は、大会ごとに試合時間は異なりますが、勝敗の決まり方は同じです。

ポポ

相手ゴールにボールを入れると1点!

ポポ

大会によっては、「女性がシュートを決めれば2点」という独自ルールを設けているケースも多いよ!

大会形式によっては延長戦も

フットサルボール 女性 ソファ

では、試合終了時点で両チームの得点数が同じだった場合はどうでしょう。

これは、大会の形式によって勝敗の決まり方が変わってきます。

まず、リーグ戦形式の場合です。リーグ戦形式では、試合終了時点で両チームの得点数が同じだった場合、「引き分け」として処理します

リーグ戦では、最終的な“勝ち点”で順位を決めるので、引き分けの場合は両チームに“勝ち点1”が与えられます。

ポポ

勝ち点の仕組みも覚えておこう!
・勝利チーム → “勝ち点3”
・敗北チーム → “勝ち点0”
・引き分け → “両チームに勝ち点1”

次に、トーナメント戦形式の場合です。トーナメント戦形式では、試合終了時点で両チームの得点数が同じだった場合、「延長戦」を行います

そして、延長戦終了時点で得点数の多い方のチームが勝利となります。

ポポ

トーナメントの場合、必ず勝ち負けを決めなければならないから「引き分け」は存在しないんだ!

大会形式によってはPK戦も

上述の通り、トーナメント戦において、試合終了時点で両チームの得点数が同じだった場合は「延長戦」が行われます。

では、延長戦終了時点で両チームの得点数が同じだった場合はどうなるのでしょうか?

その場合、「PK戦」が行われます。

大会の規定によって異なりますが、一般的には各チーム3人または5人のメンバーがPKを行い、勝敗を決めます。それでも決まらなければ、サドンデス形式で各チーム1人ずつPKを行っていきます。

まとめ ~フットサルの勝敗の決まり方~

フットサルの勝敗の決まり方」について簡単に紹介しました。

まとめると、下記の通りです。

  • 試合終了時点で得点数の多い方のチームが勝ち
  • 同点の場合(リーグ戦) → 引き分け
  • 同点の場合(トーナメント戦) → 延長戦 → PK戦
ポポ

独自ルールを採用している大会も多いよ!しっかりと大会規約を確認しよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカー・フットサル歴14年のポポです。

埼玉県を中心に、週に1・2回、個サルに参加しています。学生時代の友人と一緒にフットサルの大会に出場することもあります。

フットサル初心者の方に向けて、当メディア『ポポフット』を運営しています。分からないことや困ったことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください!

コメント

コメントする

目次